直葬なびTOP > 直葬の注意点

直葬の注意点

直葬の注意点 直葬は、費用が軽減できるうえ時間が短縮でき、参列者に対する気遣いもほとんどないため、通常の葬儀と比べると、遺族にかかる負担は随分と軽くなります。

ただし直葬にすると、後ほどさまざまな問題が生じてくる可能性についても考えておく必要があります。

例えば親戚、地域、会社間でのトラブル。「火葬だけでいい」という考えばかりが先走ってしまい、故人を慕う人達によるお別れの場を拒絶してしまうのは残念なことです。
直葬の場合でも、故人が亡くなったことと、葬儀は火葬のみで済ませることを関係者に伝え、「なぜ直葬にするか」理解してもらうことが大切です。
また後日、個別で弔問に来る方への対応に追われてしまい、なかなか落ち着くことができない遺族が多い点も直葬の問題点として指摘されています。

そもそも葬儀とは遺された人が故人とお別れをし、心に区切りをつける大切な儀式ですから、手間がかからないといった安易な理由で直葬を選ぶことはあまり良いことだとは思いません。入籍だけ済ませ、後で「結婚式をすればよかった」と後悔するのとは訳が違います。直葬を考える際には、後々の問題も含めて家族でよく話し合っておいたほうが良いでしょう。

Story 葬儀の後でもできる大切な人のお別れ会

ページの先頭に戻る

急な葬儀の手配からご相談まで
24時間365日受付通話無料

いい葬儀 お客様センター 0120-393-100